TOP 会社情報 沿革

沿革

1948年 4月 岡山市西中山下に岡山モータース株式会社を設立、事業開始。
1960年 12月 野田営業所(岡山市)、および津山支店を開設。
1964年 12月 損害保険代理業務開始。
1965年 5月 資本金2,000万円に増資。
12月 本社を野田に移転。西中山下の拠点を閉鎖。
1970年 10月 岡山市鉄(現在地)に本社を移転。野田を閉鎖。
1974年 7月 「山陽ヤナセ株式会社」に商号を変更し、国産車に加えて輸入車の販売を本格的に開始。
1977年 5月 倉敷営業所を新築。
1988年 6月 津山支店に輸入車専用ショールームを新築。
1990年 10月 資本金4,000万円に増資。
1991年 2月 岡山市妹尾に「妹尾営業所」(メルセデスベンツショールーム)新築。
1997年 3月 倉敷営業所にメルセデスベンツショールームを新築。
2000年 5月 フランチャイズ事業部 ゴルフパートナー四谷新宿通り店OPEN
10月 津山支店を津山営業所とする
2001年 4月 フランチャイズ事業部 牛角 武蔵関店OPEN
9月 フランチャイズ事業部 牛角 志木店OPEN
2002年 12月 野田中古車センター carfe OPEN
2005年 1月 新保中古車センターOPEN
2006年 8月 複合施設「高屋スクエア」OPEN/キャデラック・サーブ岡山開設
11月 ブロードバンド事業部(ソフトバンク事業)を開設。
高屋スクエア内にソフトバンク取扱店をOPEN。
12月 「メルセデス・ベンツ岡山(MB岡山)」を本社・東営業所隣地に移転新設。
2007年 1月 ベンツ専売化に伴い、GM・ヤナセブランドの自動車事業とソフトバンク事業を山陽ヤナセ総合企画に、フランチャイズ事業を山仁基業に、それぞれ事業譲渡。
4月 野田中古車センターをMB岡山東中古車センターとして岡山市東区鉄に移転。
11月 ソフトバンク事業の拡大により、ブロードバンド事業部を独立分社し、SYPコミュニケーション株式会社を設立。
野田中古車センター跡地にソフトバンク野田店を出店。現在、岡山県内外に、ソフトバンクSHOP6店舗、Y!モバイル7店舗、アクセサリーSHOP6店舗を展開。
2008年 10月 新保中古車センターを東中古車センターに統合。
2009年 1月 ゼネラルモータース破綻を受け、GM事業から撤退。
MB倉敷をMB岡山西に統合。
2015年 5月 関連会社SYPコミュニケーションズが、アメリカコロラドに本社を置く「POPSOCKETS社」の日本総代理店の権利を取得。これを機に社名を株式会社イノベーションゲートウェイに変更。
2016年 7月 東中古車センターを移転
メルセデス・ベンツ岡山サーティファイドカーセンターとしてリニューアルOPEN
11月 本社ショールームにクラシックビンテージカー常設展示場を設置
2017年05月更新